【コスパ?楽しさ?】肩こり解消ツール 9選 | 全部試した結果は…!?

【コスパ?楽しさ?】肩こり解消ツール 9選 | 全部試した結果は…!?

2021年4月4日
雑記

肩こりとのたたかい

内科医に肩をもませたことがあります。

入社3年目で仕事が忙しくなったとき、激しい頭痛に悩まされました。風邪か、低気圧か、はたまた脳の病気か。ロキソニンを飲んでも2日経つとまた痛い。ある日、耐えきれず内科にかけこみました。症状を話すと、医師は私の背中に聴診器を当てながらこんな言葉を口にしました。

「ちょっと肩もませてください」

まさか内科で肩もみされるとは。

頭痛の原因は肩こりでした。肩をほぐしてもらうと、スーッと頭痛が減ったことに驚きました。

そこから私の肩こりとのたたかいが始まります。スマホ、パソコン、キーボード、マウス。現代人に必須のこれらのアイテムは私の肩を容赦なくカチコチにします。これらに打ち勝つための方法を模索しました。

この記事では、肩こり解消に使えるツール9選を紹介します。効果、手軽さ、省スペース、コストの安さ、楽しさの5つの指標で評価します。

あなたの肩こり解消に役立つ情報がきっとあるはず!

肩こり解消ツール 9選

早速参りましょう。ぜひ肩の力を抜いてご覧ください。

1. 肩マッサージャー

まずは物理的な解決策です。肩もみ+ヒート機能でコリをほぐしてくれます。10分程度で効果を感じられました。

使い方はコンセントにつないで、ボタンを押すだけです。

サイズは肩に覆いかぶさるぐらいで、結構ゴツイです。そこそこ部屋のスペースを取ります。

初期費用として6000円程度かかります。わずかですが電気代もかかります。

自動で動いてくれるので、読書やパソコン・スマホを操作しながらでも使えます。

2. 低周波治療器

続いて電気的な解決策です。低周波で肩に刺激を与えてくれます。強くすると、肩が勝手に動くくらいの振動になります。ピリピリした刺激があり、苦手な人は合わないかもしれません。

ケースから取り出し、肩に電極を貼り付けます。端末を操作をしながら好みの強さに設定します。

コンパクトなので、場所はとりません。ケースに収納して、棚にでも置いておきましょう。

初期費用として9000円程度かかります。電池が切れたときは電池代もかかります。

こちらも自動で動いてくれるので、読書やパソコン・スマホを操作しながらでも使えます。

3. ネックマッサージャー

電気的な解決策その2です。低周波+ヒート機能で首筋のコリをほぐしてくれます。

首にひっかけて電源ボタンを押します。端末を操作をしながら自分にあった強さに設定します。

サイズはコンパクトです。さらにデザイン性に優れており、部屋に雑に置いてもおしゃれです。

初期費用として1万円弱かかります。充電が必要なので、わずかですが電気代もかかります。

これまた自動で動いてくれるので、読書やパソコン・スマホを操作しながらでも使えます。

4. 肩たたき棒

物理的な解決策その2です。原始的な器具で、物理的な打撃により肩のコリをほぐします。加減が難しいです。叩く方の腕が疲れます。

今回ご紹介する中で最も手軽に始められます。持つ、叩くの動作だけです。グリグリの方は、肩の肉をえぐるレベルでほぐしてくれます。

長さはありますが意外とどこでも収まります。机の隅にでも置いておきましょう。

1500円も出せば良いものが買えます。100円ショップでも買えるはずです。

黙々と叩くだけなので楽しさは皆無です。さらに片手が取られるのでスマホやパソコンは操作しにくいです。テレビを観るぐらいならできます。

5. キャッチボール

運動シリーズ第1弾、キャッチボールです。ボールを投げる動作で肩がまわり、コリがほぐれます。

キャッチボールする相手がいれば公園でもできます。1人の場合は壁当てできる場所が必要です。

グローブとボールだけなので、スペースはとりません。

グローブとボールで5000円~6000円ほどかかります。

屋外で開放的な気分になれます。うまくキャッチできたり、的めがけて投げると楽しさがアップします。

6. バッティングセンター

運動シリーズ第2弾、バッティングセンターです。バットを振り抜く動作で肩がまわり、コリがほぐれます。

近くにバッティングセンターがないと、なかなか始められません。今は施設数も減少傾向でしょうか。

道具は必要ないので、一切スペースをとりません。手ぶらで行きましょう。

1プレイ200円くらいで20球打てます。2プレイ程度でもかなりの運動になります。

バットの芯に当たれば快感ですし、仮にすべて空振りしても、肩をまわすという目標は達成できます。ただストレスは溜まるかもしれないので、球技が好きな人向けです。

7. テニス

運動シリーズ第3弾、テニスです。ラケットを振る動作で肩がまわり、コリがほぐれます。

テニスコートを予約するか、壁当てできる場所が必要です。手軽さはほぼありません。

ラケットが少々大きく、クローゼットの場所をとります。

ラケットとボールで5000円~6000円ほどかかります。ガットが切れたらガットの張替え代もかかります。もしテニススクールに通う場合は、スクール代金もかかります。

ゲーム性があり、ラリーができればすっごく楽しいです。ただし、うまくなるまでに時間がかかり、その間はストレスかもしれません。

8. ストレッチ by Youtube

現代的な解決策です。5分程度の動画でも、十分に肩が軽くなります。効果は大きいです。おすすめは椅子でできるものです。「ストレッチ 椅子」で検索してみてください。

パソコンやスマホがあれば、好きな場所とタイミングで始められます。

一切スペースをとりません。

Youtube動画を見るので、少し通信料を消費します。

ゲーム性はありませんが、動画内のインストラクターと一緒にできるので寂しくないです。

9. 医薬品

最後は医学に頼ります。医学データに基づいた効果が得られます。スーッとした気持ちよさで肩がすっきりします。

サッとひと塗り。机に置いてます。即効性に優れています

手のひらサイズで場所を取りません。ポーチにでも入れておきましょう。

ドラッグストアで500円~1000円ぐらいで買えます。アンメルツヨコヨコ、サロンパスローションは手ごろな価格です。

特に楽しくはありません。

個人的ナンバーワンはこれ!!

以上、9選をご紹介しました。私の第1位はこれになります。

〈暫定1位〉!!! 最強の肩こり解消法は【ストレッチ by Youtube】!!!

どこでも始められる手軽さ!

お金がかからない!!

なにより肩こり解消の効果が絶大!!!

この記事を通じて、1人でも多くの方が肩こりから解放されることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!(麻江)